トップページ > 白髪染め情報 >  若白髪が多いから白髪染めしてみた

若白髪が多いから白髪染めしてみた

私は昔から白髪が多い。

もう高校になるくらいから白髪が目立ち始め、今となってはもう

白髪と黒髪の割合が3:7くらいにもなってしまった。

そもそもこれは絶対に親父からの遺伝である。

親父は60才にもなっていないがもう頭は白髪で真っ白である。



白髪多いねと言われるのももう面倒になってきたからもう

白髪染めをするしかない。



そう心に決めた私は白髪染めを買い、髪を染めることにしたのだ。



私はまだ髪を染めたこともなかったので髪を染める作業は難航を極めた。

とりあえず箱を開け、説明書を出してみる。

なるほど、この薄い手袋をつけないと手が痛くなるのか。

そのようなことを考えながら淡々と作業を続ける。



白髪染めの液体を髪につけたままゲームをしながら時間が経つのを待ってみる。

時間が経ち白髪染めを洗い流すためにお風呂場に向かう。

そこで髪を洗って髪を乾かす。

もうだいたい染まっているのはわかるのだけども

ちゃんと乾かして髪をセットしてどうなっているのかを

はやく見てみたい。



そしてセットも終わり、私は感動した。

いつも髪に白い部分が多かった私が今はすごい髪が黒い。

やっと若白髪から解放された瞬間であったのである。

そうして大学に行くと、友達からは染めたと言われ私も結果に 満足した。



今は茶髪などにしてもよかったが真っ黒っていうのも案外いいなと思った。



だが、わたしは忘れていたのだ。

また何ヶ月化したら白髪染めをしなければいけないということを。

目次